保育士 ブランク

保育士 ブランク|よくある不安と解決策

保育士 ブランクの不安は派遣で解決!

  • 希望の就業時間が見つかる!
  • 保育補助で持ち帰り仕事なし!
  • 人材コーディネーターが就業後徹底フォロー!

「やっぱり保育士の資格を活かした仕事したい!」と復職や復帰・再就職を考えても、離れていた時間が長いほど不安に感じますよね。

実際、保育士の就業しない理由の25%は「ブランクがあることへの不安」が挙げられていました。

参考厚生労働省

  • 給料が安くて続けられない
  • 体力的についていけるのか不安だ
  • 責任の重さ・事故への不安がある
  • そもそも希望する勤務時間の仕事を見つけられない

こんな理由から復帰できないのではないでしょうか。

保育士のブランクありから復帰は怖いと感じるのも無理はないかと思います。

しかし、保育士派遣ならブランクありの不安を解決できます。

保育士のブランクに派遣がおすすめの理由は「希望時間で勤務できる」「保育補助で安心」「人材コーディネーターのサポートを受けられる」の3つです。

ブランクのある保育士に強い会社だと歓迎する保育施設を多く紹介してくれます。不安に感じている方は相談してみてくださいね。

この記事では、保育士のブランクから復職に向けたポイントを解説していきます。

関連:保育士派遣会社ランキング|おすすめを口コミ評判で比較

保育士 ブランク|復職できる現場がある

保育士のブランクから復職できる環境が整ってきています。

保育士の専門性向上と質の高い人材を安定的に確保する動きが厚生労働省主導であるからです。

待機児童の増加に伴い保育士不足が問題化されており、保育士は不足しています。

全国的に需要は高まっており、質の高い保育士の確保するために潜在保育士が注目されるようになりました。保育士の資格を持ちながら、退職し、子育てや他の職業へ就職された方が復職しやすいように施策をいくつか講じているのです。

保育士ブランクから復職しやすい現場1:ブランクOKの求人が増えている

実は、保育士のブランクありでも復職を望む保育園は増えており、復帰できるチャンスは増えています。もちろん、子育てもひと段落して、10年以上のブランクをお持ちの保育士でも大丈夫です。

現在、保育士資格を持っている方の復職は非常に貴重です。

保育士資格を持たない方が保育補助として働くことも増えています。

しかし、実情としては配置基準があるため保育士資格を持つ方が来て欲しいのです。

そんな理由から、短時間勤務のパート・派遣を中心にブランクありOK、未経験OKの求人が増えているのです。

保育士ブランクから復職しやすい現場2:処遇改善手当がある

2013年頃から保育士の処遇改善が実施されてきました。

平成24年時点では、+10%+最大4万円(月額32,000円+最大4万円)の処遇改善がされる計画がなされました。

月額4万円の加算対象・・・副主任保育士、中核リーダー、専門リーダー等(以下、「副主任保育士等」)
経験年数概ね7年以上※の者を想定しており、施設の職員数の概ね1/3が対象となります。
○月額5千円の加算対象・・・職務分野別リーダー、若手リーダー(以下、「職務分野別リーダー等」)
経験年数概ね3年以上※の者を想定しており、施設の職員数の概ね1/5が対象となります。

参考:保育士等の処遇改善の推移(平成24年度との比較)

ブランクがありでも経験年数は加算され、技能・経験に応じた手当をもらえる対象となるのです。

過去の経験年数が給料に反映されることからお給料面で大きな改善が期待できます。

また、2019年4月から有給休暇も義務化されてきており、労働環境が改善されているのです。

保育士ブランクから復職しやすい現場3:働き方の選択肢が増えた

保育士のブランクありから復職しやすい環境として働き方の選択肢が増えたことが挙げられます。

保育士は正社員としてフルタイムで働くだけでなく、パート・アルバイト、契約社員、派遣と働き方が増えています。

  • お給食までの時間
  • 早朝延長だけ
  • 加配・週休対応

といった短時間や週3日以内の保育補助のお仕事も求められており、正社員・フルタイムだけの働き方以外に選択肢が出てきました。

保育士のブランクで需要はあるのか…と不安だった方も安心して働きじめる環境が整っていると言えます。

\ブランクに強い/

保育士 ブランク|復職・復帰の転職求人は派遣がおすすめ

おすすめ1:希望の就業時間が見つかる!

保育士の復職で大変なのが求人探しです。

ハローワークや求人サイトで希望する勤務時間・給料・勤務地の仕事を探すかと思います。ハローワークの求人には詳細な内容はないし、求人サイトにも細かな記載がない。

そもそも職場復帰で体力的についていけるか不安だから、フルタイムが良いのか、短時間がよいのかわからない。

そんな時に強い味方になってくれるのが派遣会社の人材コーディネーターです。

希望の勤務時間など条件や不安に感じていることを伝えることで、より最適な求人を紹介してもらえます。

体力的に心配であれば、3ヶ月間は短時間勤務で働き、慣れてこればフルタイムを希望する働き方に変更できます。

派遣保育士は、正社員やパートよりも柔軟に働き方を変えられるため職場復帰にはおすすめの働き方と言えます。

おすすめ2:保育補助だから持ち帰り仕事なし

復帰する保育士には「担任を持たされるのではないか?」という不安があるかと思います。しかし、派遣保育士の多くは担任を持たされずに保育補助の仕事が多いです。

複数担任で先輩保育士と一緒に保育をすすめ、指導案の必要な設定保育は正社員がメインで行います。

日々の保育、書類、設定保育、ピアノ…と一度にこなすのは短時間でも負担がかかりますよね。

派遣なら保育補助の仕事がメインなので、余計ない心配がありません。

子どもに向き合って、保育の仕事だけに集中できます。

ちゃんと保育の仕事をしたい!と願う真面目な保育士ほどブランク明けのリハビリ期間に派遣の活用をおすすめできます。

おすすめ3:派遣の仕事は高時給だから稼げる!

お給料はパートに比べて高めに設定されています。

短時間勤務でも高時給なので通常よりも稼げます。パートなら時給900円のところ、派遣社員は1200円と差がついていることはザラにあります。

短時間勤務で都合よく働きながら高時給を獲得できる点で派遣は優れています。

おすすめ4:人材コーディネーターが就業後徹底フォロー!

保育士の派遣会社ではブランクありの保育士を派遣として社会復帰に導いた実績が多々あります。

一般の求人サイトでは、求人を紹介したら業務を終了となりますが、派遣会社では働き始めてからもサポート業務は続きます。

社会復帰をした保育士を多く対応している大手派遣会社ほど、不安や悩みの解消が得意です。

保育士として復帰するのは勇気がいることですが、まずは派遣の働き方でサポートを借りながら保育士復帰を目指しましょう!

保育士ブランクからの復職・復帰には派遣がおすすめです。

保育士 ブランク|復職・職場復帰のポイント

保育士ブランクから復職するポイントをまとめました。

保育士の復職に向けて準備しておきたいもの

  1. 保育士資格証明書の用意
  2. 保育士の志望動機を考えておく
  3. 復職に向けて体力をつけておく
  4. 研修やセミナーを受講しておく

保育士のブランクありから復帰する場合、資格の証明書が必要となります。
もしない場合は再発行しておきましょう。

※転職サイトや派遣会社に相談すると教えてもらえます。

また、復帰する場合に採用選考があります。履歴書の準備や志望動機の作成、面接対策が必要となります。

履歴書の書き方がわからない、志望動機の作り方がわからないという方はブランクありに強い転職サイトで支援してくれるので積極的に活用しておきましょう。

参考保育士派遣会社ランキング|おすすめを口コミ評判で比較

© 2021 保育士派遣会社おすすめランキング|口コミ評判で比較